第2期医薬安全性研究会

Japanese Society for Biopharmaceutical Statistics - Since 1979 (1st 1979~2007, 2nd 2007~)

過去のメールマガジン

[過去のメールマガジン一覧に戻る]
メールマガジン No. 12 (2010年10月4日) を発行しました
このメールは,メールマガジンに登録された皆様へ配信しています.
=====================================================================
第2期 医薬安全性研究会 メールマガジン No. 12 2010年10月4日
=====================================================================

★ http://biostat.jp
↑ BookmarkはこのURLで!! リンクはフリーです.お気軽に!!

■ Headline ========================================================
・第2期医薬安全性研究会 総会及び第7回定例会のご案内

・関連図書のご案内
 『じっくり勉強すれば身につく統計解析シリーズ』

・新刊図書のご案内
 『事例とSASで学ぶデータ解析 2』

・第2期医薬安全性研究会会員募集:ホームページで受付中

********************************************************************
◆配信中止は,http://biostat.jp/mmuser.phpからお願いします.
********************************************************************

■本日のニュース =====================================================
■ 第2期医薬安全性研究会 総会及び第7回定例会のご案内

第2期医薬安全性研究会 総会及び第7回定例会を,以下の日時・場所にて開催
いたします.

日時:2010年10月23日(土)13:00-17:30
場所:日本科学技術連盟,1号館,3F講堂

★ 総会 (13:00~13:30)
★ 創薬に携わる研究者・実務者に対する統計教育の実践 (13:30~
 1.非線形最小2乗法の基礎
  (1) 線形モデルと非線型モデルの基本的な考え方
    逆推定の解析,標準誤差と信頼限界 大和田 章一(第一三共)
  (2) Emaxモデルとロジスティック曲線
    Emaxモデルとロジスティック曲線の関係,非線形回帰による解析
                     杉山 公人(喫煙科学研究財団)
 2.累積カイ二乗法と多項(累積)ロジスティック法によるカテゴリカルデータ解析
              松本 一彦(食品農医薬品安全性評価センター)
★ 等分散性が成り立たない場合の回帰分析 -検量線を事例として-
 不等分散の場合に重みを使い分けるのはなぜか
                      秋山 功(ビー・エム・エル)
 様々な重み付き回帰分析の基本知識    富山 茂巳(クレハ分析センター)

また,同日の10:00~12:00には,以下のテーマで基礎セミナーを行います.

★ じっくり勉強すれば身につく統計入門
  基本に戻ろう 基本統計量とデータの比較
                    橘田久美子(スギ生物科学研究所)
             杉本 典子 (バイオスタティスティカルリサーチ)

午前中は参加費無料,午後は一般会員・非会員とも参加費 5000円となります.

定例会後に同会場におきまして,懇親会を予定しております.参加費は無料
ですので積極的な参加をお待ちしております.

内容の詳細につきましては,第2期医薬安全性研究会ホームページ
http://www.biostat.jp/で公開するプログラムをご覧下さい.

なお,今回より,参加にあたり事前登録をお願いいたします.
午前,午後それぞれの登録が必要となりますので,ご注意下さい.

登録方法は,以下の通りです.

登録ページ
第2期医薬安全性研究会 総会及び第7回定例会
  http://biostat.jp/event_detail.php?evid=3
第2期医薬安全性研究会 関連セミナー
  http://biostat.jp/event_detail.php?evid=4

上記登録ページにて,”参加する”のボタンを押して頂き,必要事項を
ご記入ください.
なお,会員の方は,会員番号("bs"を除く5桁の数字)及びパスワードを
入力頂けば,登録済みの情報が自動的に入力されます.

■ 関連書籍のご案内

今回の定例会のテーマに関連した書籍をご紹介いたします.

---------------------------------------------------
芳賀敏郎先生【著】
じっくり勉強すれば身につく統計解析シリーズ:
『医薬品開発のための統計解析 第1部基礎』
『医薬品開発のための統計解析 第2部実験計画法』
『医薬品開発のための統計解析 第3部非線形モデル』

★丁寧な説明と豊富な事例でわかりやすい
★ExcelとJMPを操作しながら学べる一書
★統計の実務家の方,必携です!

目次はこちらから http://www.scientist-press.com
              ㈱サイエンティスト社
---------------------------------------------------

■ 新刊図書のご案内

株式会社シーエーシー様より,以下の書籍の発売されましたので,ご案内
致します.

-【新規書籍概要】-----------------------------------------

書籍名:『事例とSASで学ぶデータ解析 2』
価格:5,715円(税込6,000円)
ISBN:978-4-9902097-2-8
サイズ:A5版
原著:A Handbook of Statistical Analyses using SAS second edition
監訳:田崎武信

本書は,医薬品開発に必要なSASシステムでの統計解析を
事例を用いて詳しく解説をしております.SASをご使用になられる
全ての方にとって,必読の一冊となっております.

本書は,一般の書店でもお求めいただけますが,
下記ご注文フォームより,e-mailにて直接ご注文をいただければ,
直販価格として15%OFFにてご購入いただけます.
この機会に是非,ご連絡下さい.

ご注文はこちらまで:cac-osaka@cac.co.jp 
■お申込フォーム---------------------------------------

お名前:
会社名:
ご送付先住所:
ご請求書の宛名:会社名or個人名

---------------------------------------------

直販価格:5,100円(税込)
*別途送料500円 が必要です.

■第2期医薬安全性研究会会員募集:ホームページで受付中

医薬安全性研究会は,2007年3月10日の第110回定例会をもって活動を終
了しました.これを受け,第2期医薬安全性研究会は3月6日に組織を立ち上
げ,2007年7月17日に活動の拠点となるホームページを公開いたしました.
入会手続きは,ホームページの入会方法のページから簡単に行えます.
医薬安全性研究会は,会員相互の「知りたい」,「知らせたい」という
熱意によって発展して行きます.是非,会員として参加し,活動を盛り上
げてくださいます事を期待しております.

 ホームページ  http://biostat.jp
 入会案内ページ http://biostat.jp/join_process.php

■===================================================================
【 重要事項 】
★このメールは,登録されたお客様個人に配信するものですので,配信され
 たメールを第三者に転送したり,Webサイトへアップするなどメールの再
 配信はお断りします.
★このメールの著作権は第2期医薬安全性研究会にあります.
★このメールの一部を引用する際には,事前にご連絡をお願いします.
★このメールのアドレスは,送信専用となっております.
 同メールアドレスに直接ご返信いただいても,その内容を確認できません.
 記事内容等に関するお問い合わせは,下記アドレスへお願い致します.

●内容・記事に対するお問い合わせは: toiawase@biostat.jp まで
●入会をご希望の方は: http://biostat.jp/まで

■□=================================================================
第2期医薬安全性研究会
●担当 山田 雅之
E-mail toiawase@biostat.jp
Presentation URL http://biostat.jp/
=====================================================================
2010/10/04 13:05:25