第2期医薬安全性研究会

Japanese Society for Biopharmaceutical Statistics - Since 1979 (1st 1979~2007, 2nd 2007~)

過去のメールマガジン

[過去のメールマガジン一覧に戻る]
メールマガジン No. 20 (2012年1月26日) を発行しました
このメールは,メールマガジンに登録された皆様へ配信しています.
=====================================================================
第2期 医薬安全性研究会 メールマガジン No. 20 2012年1月26日
=====================================================================

東北地方太平洋沖地震の被災者の方々にお見舞い申し上げると共に,1日も
早い復興をお祈り申し上げます.
医薬に関係する研究会として,現地で奮闘されている医師,看護師,薬剤師,
医薬品や情報の安定供給及び医療環境の復旧・維持などにかかっておられる
方々に心から敬意を表します.

★ http://biostat.jp
↑ BookmarkはこのURLで!! リンクはフリーです.お気軽に!!

■ Headline ========================================================
・第2期医薬安全性研究会 第7回定例会資料公開のご案内
・ホームページリニューアルのご案内
・第2期医薬安全性研究会 関連セミナー 資料公開のご案内
・関連セミナーのご案内
・第2期医薬安全性研究会会員募集:ホームページで受付中

********************************************************************
◆配信中止は,http://biostat.jp/mmuser.phpからお願いします.
********************************************************************

■本日のニュース =====================================================
■ 第2期医薬安全性研究会 第7回定例会資料公開のご案内

 定例会での発表内容につきましては,Q & Aと併せて公開資料を作成し,ホーム
ページにてダウンロードできるようすることをお約束しておりました.このたび,
2010年10月23日(土)に開催された,第7回定例会分につきまして,以下のとおり
公開いたしましたので,ご自由にダウンロードください.

ダウンロード先:第2期医薬安全性研究会ホームページ
 -アーカイブス
  -医薬安全研定例会資料(http://biostat.jp/archive_teireikai_2.php)
   発表者単位でPDFファイルとして登録

内容:一般的な学術文献スタイルに合わせて,表紙に表題,発表者,要約,
キーワード,目次を入れました.
本文は,発表スライドに発表者の解説文を加え,参考資料や当日のQ&Aも追加して
あります.

 単なるパワーポイントスライドでは十分に理解できない点について,発表者と
編集担当者で詳細に検討して作成しておりますので,定例会に参加できなかった
方々にとっても理解しやすい資料になっていると思います.
 ご興味をもたれた方だけでなく,会社や研究機関などで仲間とともに勉強する際の
資料としてもご活用いただければ幸いです.

■ ホームページリューアルのご案内

 ホームページにつきましては,アーカイブスへの旧医薬安全研会報の登録,著作権
などポリシー欄の追加,年会費の銀行経由での払い込みへの対応,行事への登録機能
の追加など,徐々に更新してまいりました.
 今回,現在の会員数を表示する機能を追加すると共に,アーカイブスに新たに定例会
公開資料のコーナーを設置し,第7回定例会資料から公開を始めました.第8回定例会
資料についてもほぼ完成しておりますので,近日中に公開する予定です.その後は,
順次各定例会公開資料を次の定例会の開催時には,公開できるよう作業を進めてゆきます.
 会員ページにつきましても,定例会資料等の事前入手やグループ活動の資料保管と
いった基本的機能に加えて,会費納入状況や活動中の各グループの詳細が閲覧できる
ようにするなど,本会の特徴であるギブアンドテイクが生かせるように更新しましたので,
ご興味をもたれた方は是非とも会員登録し,グループ活動に参加されますようお願い
いたします.
 なお,ホームページにつきましては,今後も利便性や情報発信力の向上に努めて
ゆきます.

■ 第2期医薬安全性研究会 関連セミナー 資料公開のご案内

 第2期医薬安全性研究会 第9回定例会の前に開催された関連セミナーの公開資料を協賛
先のサイエンティスト社のホームぺージで公開いたしました.

★ http://www.scientist-press.com/edit_html/green/seminar3.pdf

■ 関連セミナーのご案内

定例会の会場をご提供頂いております,財団法人 日本科学技術連盟において,
以下のセミナーが企画されております.

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 臨床データマネジメントセミナー (略称:CDM)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●日 程 : 2012年2月29日(水)~3月2日(金) 2泊3日
●会 場 : 東京開催:フォーシーズンズホテル椿山荘 東京
        (http://www.fourseasons-tokyo.com/?msdhr)

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃●カリキュラム★RENEWAL!!(2011年12月更新)  ┃
┃ ナイトセッション・・・           ┃
┃ ・医薬品医療機器総合機構から 掘先生    ┃
┃ ・横浜市立大学大学院から 森田先生     ┃
┃           にお話いただきます! !┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛

【1日目】-------------------------------

1.開講挨拶(東京大学 大橋靖雄)
2.医薬品開発とDMの位置付けと品質保証
(東京大学医学部附属病院 佐藤喬俊)
3.CRF設計①(京都大学 新美三由紀)
4.CRF事例研究(京都大学 新美三由紀)
5.CRF設計②マトリックス分析、実習(シンバイオ製薬㈱ 澤向慶司)
6.CDMにおける情報技術(シンバイオ製薬㈱ 澤向慶司)
7.演習①チェックリストの作成(指導講師)

【2日目】-------------------------------

8.データマネジメント計画書と報告書、チェックリスト
  (㈱スーザック 横堀真)
9.ローカルデータマネジメントの実際(東京大学病院 飯室聡)
10.CRFレビューとDCF①(国立がん研究センター 加幡晴美)
11.CRFレビューとDCF②(㈱ワンステーション 安達健)
12.EDCのセットアップ(シンバイオ製薬㈱ 澤向慶司)
13.データ処理<コーティング、辞書、固定、解析用データセット>
 (ユーシービージャパン㈱ 辻井敦)
14.データレビュー(辻井敦、澤向慶司)
15.演習①、演習②データ確認
★ナイトセッション(2つのテーマについて行います。)
16.臨床検査と副作用・・・・・(医薬品医療機器総合機構 堀明子)
17.生物統計学の基礎・・・・(横浜市立大学 森田智視)

【3日目】-------------------------------

18.演習③DCF作成
19.演習④改善策の検討
20.フィードバック&討議(Q&Aを含む)

 ★下記URLからお申込いただけます。
  http://www.juse.or.jp/seminar/16097/?msdhr
 (URLから画面をスクロールいただくとお申込ボタンがあります)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 第2回 臨床試験セミナー統計手法入門(1日)コース(略称:CT1日)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ●開催日
  2012年3月28日(水)10:30~18:00

 ●会場
  日本科学技術連盟・千駄ヶ谷本部ビル
  http://www.juse.or.jp/about/location_map1.html

 ●参加費
 (1)病院・公的研究期間のCRC・データマネージャ、
  学生/大学院生(社会人は除く)  10,500円
 (2)SMO・CROのCRC・データマネジャー・モニター・製薬会社社員
                   21,000円

 ●講師陣
  大橋靖雄(東京大学大学院 教授)
  大津 洋(東京大学大学院 助教)
  竹内文乃(東京大学大学院 助教)

 ●カリキュラム
  ・臨床試験における統計学入門 ランダム化とp値
  ・臨床研究と生物統計学-デザイン・倫理的側面も含めて
  ・カードによるランダム化実習

 ●詳細、セミナーへのお申込は下記URLをご覧ください。
  http://www.juse.or.jp/seminar/16138/?msdhr

■ 第2期医薬安全性研究会会員募集:ホームページで受付中

 医薬安全性研究会は,会員相互の「知りたい」,「知らせたい」という熱意によって活発
な活動を行っておりましたが,事務局長の死去に伴い2007年3月10日の第110回定例会を
もって
終了しました.
 第2期医薬安全性研究会は同年3月6日に組織を立ち上げ,その後年2回の定例会を積み重ね,
いよいよ次回は第10回を数えます.また,その間の成果については,別途拡大勉強会などを
通してフィードバックを行っております.活動内容につきましては,ホームページで確認で
きますので,この機会に,是非とも会員として参加し,更に盛り上げてくださいます事を期待
しております.

 入会手続きは,ホームページの入会方法のページから簡単に行えます.
 
 ホームページ  http://biostat.jp
 入会案内ページ http://biostat.jp/join_process.php

■□=================================================================
第2期医薬安全性研究会
●担当 山田 雅之
E-mail toiawase@biostat.jp
Presentation URL http://biostat.jp/
=====================================================================
2012/01/26 20:10:40