第2期医薬安全性研究会

Japanese Society for Biopharmaceutical Statistics - Since 1979 (1st 1979~2007, 2nd 2007~)

過去のメールマガジン

[過去のメールマガジン一覧に戻る]
メールマガジン No. 2 (2008年5月1日) を発行しました
このメールは,メールマガジンに登録された皆様へ配信しています.
=====================================================================
第2期 医薬安全性研究会 メールマガジン No. 3 2008年05月01日
=====================================================================

★ http://biostat.jp
↑ BookmarkはこのURLで!! リンクはフリーです.お気軽に!!

■ Headline ========================================================
・第2回定例会の案内
・2008年度年会費の納入のご案内
・第2期医薬安全性研究会会員募集:ホームページで受付中

********************************************************************
◆配信中止は,http://biostat.jp/mmuser.phpからお願いします.
********************************************************************

■本日のニュース =====================================================
■ 第2回定例会のご案内
第2期医薬安全性研究会の第2回定例会のパンフレットを,WEBページにて
公開いたしました.

http://biostat.jpよりDownloadできます.

以下,第2期医薬安全性研究会の第2回定例会の開催要項です.

日 時:2008年5月17日(土) 13:00 ~ 17:00
場 所:日本科学技術連盟,1号館,3階 講堂
内 容:
招待講演
* 速放剤と徐放剤の配合製剤の検証的PK 解析
  -配合製剤の目指したPKプロファイルは達成されたのか-  林 行和(ACRONET)
                        指定討論者:丹羽 誠(日本化薬)
* 各種の実例を用いた用量比例性(線形性)の統計的・薬物動態的な検討
  ・薬物動態における用量比例性の意義           小松 完爾(帝人ファーマ)
  ・用量比例性評価に用いられる統計解析法         鈴木 昭之(ファイザー)
  ・実例を用いた各解析法の比較検討            調整中
* 酵素阻害薬の4種の阻害形式および阻害定数(Ki)の推定方法
  -拮抗,非拮抗,不拮抗,混合型酵素阻害の理論的背景と実際- 岸林 伸行(協和醗酵工業)
                          指定討論者:福島 慎二(アステラスR.T.)
* 第2期医薬安全性研究会が支援するグループ活動について  会長:半田 淳(日本化薬)

定例会資料は,5月10日頃,会員ページ内にて公開予定です.

■2008年度年会費の納入のご案内
2008年4月より新年度となりました.
2008年度年会費の納入をお願い致します.
納入方法につきましては,「入会案内 - 入会方法 - 2)年会費の払い込み手順」を
ご参照ください.

■第2期医薬安全性研究会会員募集:ホームページで受付中
医薬安全性研究会は,2007年3月10日の第110回定例会をもって活動を終
了しました.これを受け,第2期医薬安全性研究会は3月6日に組織を立ち上
げ,2007年7月17日に活動の拠点となるホームページを公開いたしました.
入会手続きは,ホームページの入会方法のページから簡単に行えます.
医薬安全性研究会は,会員相互の「知りたい」,「知らせたい」という
熱意によって発展して行きます.是非,会員として参加し,活動を盛り上
げてくださいます事を期待しております.

 ホームページ  http://biostat.jp
 入会案内ページ http://biostat.jp/join_process.php
 
■===================================================================
【 重要事項 】
★このメールは,登録されたお客様個人に配信するものですので,配信され
 たメールを第三者に転送したり,Webサイトへアップするなどメールの再
 配信はお断りします.
★このメールの著作権は第2期医薬安全性研究会にあります.
★このメールの一部を引用する際には,事前にご連絡をお願いします.
★このメールのアドレスは,送信専用となっております.
 同メールアドレスに直接ご返信いただいても,その内容を確認できません.
 記事内容等に関するお問い合わせは,下記アドレスへお願い致します.

●内容・記事に対するお問い合わせは: info@biostat.jp まで
●入会をご希望の方は: http://biostat.jp/まで

■□=================================================================
第2期医薬安全性研究会
●担当 山田 雅之
E-mail info@biostat.jp
Presentation URL http://biostat.jp/
=====================================================================
2008/05/01 20:07:28