第2期医薬安全性研究会

Japanese Society for Biopharmaceutical Statistics - Since 1979 (1st 1979~2007, 2nd 2007~)

過去のメールマガジン

[過去のメールマガジン一覧に戻る]
メールマガジン(2018年5月21日)
=====================================================================
第2期 医薬安全性研究会 メールマガジン No. 58 2018年5月21日
=====================================================================

★ https://biostat.jp
↑ BookmarkはこのURLで!! リンクはフリーです.お気軽に!!

■ Headline ========================================================
・第2期医薬安全性研究会 第22回定例会のご案内
・2018年度 第2期医薬安全性研究会 定例会の予定
・第2期医薬安全性研究会 第18回定例会資料の公開のご案内
・第2期医薬安全性研究会会員募集:ホームページで受付中
********************************************************************
◆配信中止は,http://biostat.jp/mmuser.phpからお願いします.
********************************************************************

■本日のニュース ===================================================
■ 第2期医薬安全性研究会 第22回定例会のご案内

プログラムを第2期医薬安全性研究会ホームページhttp://www.biostat.jp/ で
公開いたしました。

会場での業務効率化のため,できるだけ事前登録をお願いいたします.

登録方法は,以下の通りです.

登録ページ

第2期医薬安全性研究会 第22回定例会
 http://biostat.jp/event_detail.php?evid=35

第2期医薬安全性研究会 関連セミナー
 http://biostat.jp/event_detail.php?evid=36

上記登録ページにて,”参加する”のボタンを押して頂き,必要事項を
ご記入ください.

なお,会員の方は,会員番号及びパスワードを入力頂けば,登録済みの
情報が自動的に入力されます.

【アジェンダ】
2018年6月9日(土)10:00~12:00,13:00~17:00
場所:東京医科歯科大学 歯学部7号館1階講義室1,東京都文京区湯島1-5-45

*じっくり勉強すれば身につく統計入門 (10:00~12:00)
・平均と標準偏差を共に考慮した新たな2群間比較
 福島慎二,半田 淳,高橋行雄(薬理統計グループ)

*第22回定例会 (13:00~17:00)
用量反応データのこれからの統計解析
毒性・薬効データの統計解析(ピンク本)」の次のステップ
1.定量値データの決定樹からパラ・ノンパラを使い分けない解析へ
-平均と標準偏差を共に評価する手順の提案- 半田 淳(Biostat研究所)
2.二値データの用量反応関係における新たな解析
-プロビット法・ロジット法・補2重対数法の実際と使い分けー
 高橋行雄(Biostat研究所)
招待講演「新版 実用SAS生物統計ハンドブック[SAS9.4/R3.2.0対応]」の紹介
 臨床評価研究会(ACE)基礎解析分科会

一般会員・非会員とも参加費 5,000円となります.
なお,当日の資料につきましては,会場での販売(1,000円)を予定しております.

■ 2018年度 第2期医薬安全性研究会 定例会の予定

2018年度に開催を予定している,総会及び第23回定例会は,以下の予定となります.

総会及び第23回定例会:2018年11月17日(土)

会場は,東京医科歯科大学を予定しております.

■ 第2期医薬安全性研究会 第18回定例会資料の公開のご案内

 定例会での発表内容につきましては,公開資料を作成し,ホームページにて
ダウンロードできるようすることをお約束しておりました.
新たに第18回定例会分につきまして,以下のとおり公開いたしましたので,
お知らせいたします.
ダウンロードは自由ですので,ご活用ください.

ダウンロード先:第2期医薬安全性研究会ホームページ
 -アーカイブス
  -医薬安全研定例会資料(https://biostat.jp/archive_teireikai_2.php)
   発表単位でPDFファイルとして登録

内容:一般的な学術文献スタイルに合わせて,表紙に表題,発表者,要約,
キーワード,目次を入れました.
本文は,発表スライドに発表者の解説文を加え,参考資料を追加してあります.

 単なるパワーポイントスライドでは十分に理解できない点について,発表者と
編集担当者で詳細に検討して作成しておりますので,定例会に参加できなかった
方々にとっても理解しやすい資料になっていると思います.
 ご興味をもたれた方だけでなく,会社や研究機関などで仲間とともに勉強する
際の資料としてもご活用いただければ幸いです.
 なお,本資料の著作権は本研究会が保有しております
(https://biostat.jp/copyright.php).

■ 第2期医薬安全性研究会会員募集:ホームページで受付中

医薬安全性研究会は,会員相互の「知りたい」,「知らせたい」という
熱意によって活発な活動を行っておりましたが,事務局長の死去に伴い
2007年3月10日の第110回定例会をもって終了しました.
第2期医薬安全性研究会は同年3月6日に組織を立ち上げ,その後年2回の
定例会を積み重ねております.また,その間の成果については,定例会資料の
公開や拡大勉強会などを通してフィードバックを行っております.活動内容に
つきましては,ホームページで確認できますので,この機会に,是非とも会員
として参加し,更に盛り上げてくださいます事を期待しております.

入会手続きは,ホームページの入会方法のページから簡単に行えます.

 ホームページ  https://biostat.jp
 入会案内ページ https://biostat.jp/join_process.php

■□=================================================================
第2期医薬安全性研究会
●担当 山田 雅之
E-mail toiawase@biostat.jp
Presentation URL http://biostat.jp/
=====================================================================
2018/05/21 11:57:27