第2期医薬安全性研究会

Japanese Society for Biopharmaceutical Statistics - Since 1979 (1st 1979~2007, 2nd 2007~)

過去のメールマガジン

[過去のメールマガジン一覧に戻る]
メールマガジン No. 6 (2009年2月9日) を発行しました
このメールは,メールマガジンに登録された皆様へ配信しています.
=====================================================================
第2期 医薬安全性研究会 メールマガジン No. 6 2009年2月9日
=====================================================================

★ http://biostat.jp
↑ BookmarkはこのURLで!! リンクはフリーです.お気軽に!!

■ Headline ========================================================
・薬理統計グループ 拡大勉強会のご案内
・2008年度年会費の納入のご案内
・第2期医薬安全性研究会会員募集:ホームページで受付中

********************************************************************
◆配信中止は,http://biostat.jp/mmuser.phpからお願いします.
********************************************************************

■本日のニュース =====================================================
■ 薬理統計グループ 拡大勉強会のご案内

第3回 定例会にて,薬理統計グループとしてシリーズ企画「相乗・相加・拮抗作用をどう
判断するか」の第1回を発表しましたが,実地現場で根付かせるためには,研究者が
集まって,どの様に考え,実施すればよいのか体験する場が必要と考えました.
そのため,シリーズ企画の第2回として「薬理統計グループ拡大勉強会」を,下記の内容
にて開催することといたしました.

日時:2009年2月21日(土) 10:00-17:00
場所:日本科学技術連盟 3号館2階講堂, 東京都渋谷区千駄ヶ谷 5-10-11
参加費:無料

開催の趣旨
・第2期 医薬安全性研究会・薬理統計グループの拡大勉強会として開催いたします.
・薬理統計グループ員以外の会員も参加自由です.また,非会員の方も参加可能です.
・併用効果の定量的な評価にテーマを絞ります.
・参加者が,現実の問題に活用できるように,Excelおよび統計ソフトJMPでの実習を
 含みます.

実習について
・参加者は,ノートPCを持参して下さい.
・使うソフトは,Excel2003のソルバー と 統計ソフト JMP です.
・JMPをお持ちでない方は,JMP7をダウンロードして使えるようにしてきてください.
 ダウンロード版は,製品版と同じ機能で,一ヶ月間使用可能です.
・ダウンロード先はhttp://jmp.com/japan/ です.
 ダウンロード先から「JMP 7 トライアル版」をダウンロードしてください.
 JMP7は,Windows版,Macintosh版 が選択できます.

【アジェンダ】
午前の部 10:00~12:30
1)第3回 定例会で取り上げた併用効果についての復習,今回の導入.
2)用量反応曲線(ロジスティック曲線)のあてはめの基礎.
3)Excel のソルバーによるA薬とB薬について用量反応曲線のあてはめ演習.
4)JMPの非線形回帰によるA薬とB薬について用量反応曲線のあてはめ演習.

昼食 12:30~13:30(用意はありませんので,各自自由にお願いします)

午後の部 13:30~17:00
5)A薬とB薬の効力比の定義と応用.Excel のソルバーによる効力比の算出.
6)効力比を使った換算用量の考え方.Excel ソルバーを用いた曲線の重ね合わせ.
7)A薬+B薬の併用効果インデックスの計量の考え方.
  JMP を用いた計算:併用効果の推定と95%信頼区間の算出.
8)各種の実験計画の利点と欠点.
9)今後の課題.

参加される会員の方へのお願い:
当日の資料は,会員ページのアーカイブでダウンロード(2月18日昼より)してください.
第2期医薬安全性にまだ入会されていない方は,当日CD-R,USBメモリからPCにコピーでき
ます.

パンフレットは,第2期医薬安全性研究会のホームページからDownload可能です.

  http://biostat.jp

■2008年度年会費の納入のご案内
2008年4月より新年度となりました.
2008年度年会費の納入をお願い致します.
納入方法につきましては,「入会案内 - 入会方法 - 2)年会費の払い込み手順」をご参照
ください.

■第2期医薬安全性研究会会員募集:ホームページで受付中
医薬安全性研究会は,2007年3月10日の第110回定例会をもって活動を終
了しました.これを受け,第2期医薬安全性研究会は3月6日に組織を立ち上げ,2007年7月
17日に活動の拠点となるホームページを公開いたしました.
入会手続きは,ホームページの入会方法のページから簡単に行えます.
医薬安全性研究会は,会員相互の「知りたい」,「知らせたい」という熱意によって発展
して行きます.是非,会員として参加し,活動を盛り上げてくださいます事を期待して
おります.

 ホームページ  http://biostat.jp
 入会案内ページ http://biostat.jp/join_process.php
 
■===================================================================
【 重要事項 】
★このメールは,登録されたお客様個人に配信するものですので,配信されたメールを
 第三者に転送したり,Webサイトへアップするなどメールの再配信はお断りします.
★このメールの著作権は第2期医薬安全性研究会にあります.
★このメールの一部を引用する際には,事前にご連絡をお願いします.
★このメールのアドレスは,送信専用となっております.
 同メールアドレスに直接ご返信いただいても,その内容を確認できません.
 記事内容等に関するお問い合わせは,下記アドレスへお願い致します.

●内容・記事に対するお問い合わせは: info@biostat.jp まで
●入会をご希望の方は: http://biostat.jp/まで

■□=================================================================
第2期医薬安全性研究会
●担当 山田 雅之
E-mail info@biostat.jp
Presentation URL http://biostat.jp/
=====================================================================
2009/02/09 19:51:10