第2期医薬安全性研究会

Japanese Society for Biopharmaceutical Statistics - Since 1979 (1st 1979~2007, 2nd 2007~)

過去のメールマガジン

[過去のメールマガジン一覧に戻る]
メールマガジン(2021年10月6日)
=====================================================================
第2期 医薬安全性研究会 メールマガジン No. 73 2021年10月6日
=====================================================================

★ https://biostat.jp
↑ BookmarkはこのURLで!! リンクはフリーです.お気軽に!!

■ Headline ========================================================
・2021年度 第2期医薬安全性研究会 第27回定例会及び第15回総会のご案内
・第2期医薬安全性研究会 第26回定例会資料の公開のご案内
・第2期医薬安全性研究会会員募集:ホームページで受付中
********************************************************************
◆配信中止は,http://biostat.jp/mmuser.phpからお願いします.
********************************************************************

■本日のニュース ===================================================

■ 第2期医薬安全性研究会 第27回定例会及び第15回総会のご案内

第27回定例会及び第15回総会は,COVID-19の状況を勘案してオンラインで
開催いたします.
参加費は会員2,000,非会員3,000です.

なお,参加費の振り込み方法は、年会費の振り込みと同様です.
事前登録と振り込みが確認できた方にZoomの設定方法と事前公開資料を
お送りします.

登録ページの公開については、別途ご案内申し上げます。

【アジェンダ】

総会及び第27回定例会:2021年12月4日(土) 13:00-17:00
場所:Zoom によるオンライン開催

*第15回総会 (13:00~13:30)

*第27回定例会 (13:30~17:00)

1.回帰分析における様々な推定値の信頼区間を計算する
  -行列計算を使った解析入門-(仮題)

1)直線回帰の場合に群間の差の信頼区間を求めるには(仮題)
  福島 慎二(タクミ IT)
2)非線形回帰の場合の信頼区間はどのようにして求めているのか(仮題)
  半田 淳(BioStat 研究所)

2.変量効果を含むシグモイド型用量反応曲線におけるEC50の推定(仮題)
  山田 雅之(キッセイ薬品)

3.不等分散等や例数の不均衡が実質有意水準および検出力に与える影響の
  視覚的評価 -小標本 Dunnett型対比の場合-(仮題)
  斎藤 和宏(タクミ IT)

■ 第2期医薬安全性研究会 第26回定例会資料の公開のご案内

定例会での発表内容につきましては,公開資料を作成し,ホームページにて
ダウンロードできるようすることをお約束しておりました.
新たに第26回定例会分につきまして,以下のとおり公開いたしましたので,
お知らせいたします.
ダウンロードは自由ですので,ご活用ください.

ダウンロード先:第2期医薬安全性研究会ホームページ
 -アーカイブス
  -医薬安全研定例会資料(https://biostat.jp/archive_teireikai_2.php)
   発表単位でPDFファイルとして登録

内容:一般的な学術文献スタイルに合わせて,表紙に表題,発表者,要約,
キーワード,目次を入れました.
本文は,発表スライドに発表者の解説文を加え,参考資料を追加してあります.

単なるパワーポイントスライドでは十分に理解できない点について,発表者と
編集担当者で詳細に検討して作成しておりますので,定例会に参加できなかった
方々にとっても理解しやすい資料になっていると思います.
ご興味をもたれた方だけでなく,会社や研究機関などで仲間とともに勉強する
際の資料としてもご活用いただければ幸いです.
なお,本資料の著作権は本研究会が保有しております
(https://biostat.jp/copyright.php).

■ 第2期医薬安全性研究会会員募集:ホームページで受付中

医薬安全性研究会は,会員相互の「知りたい」,「知らせたい」という
熱意によって活発な活動を行っておりましたが,事務局長の死去に伴い
2007年3月10日の第110回定例会をもって終了しました.
第2期医薬安全性研究会は同年3月6日に組織を立ち上げ,その後年2回の
定例会を積み重ねております.また,その間の成果については,定例会資料の
公開や拡大勉強会などを通してフィードバックを行っております.活動内容に
つきましては,ホームページで確認できますので,この機会に,是非とも会員
として参加し,更に盛り上げてくださいます事を期待しております.

入会手続きは,ホームページの入会方法のページから簡単に行えます.

 ホームページ  https://biostat.jp
 入会案内ページ https://biostat.jp/join_process.php

■□=================================================================
第2期医薬安全性研究会
●担当 山田 雅之
Presentation URL http://biostat.jp/
=====================================================================

2021/10/06 08:38:02