第2期医薬安全性研究会

Japanese Society for Biopharmaceutical Statistics - Since 1979 (1st 1979~2007, 2nd 2007~)

第2期医薬安全性研究会について

本研究会は、医薬品や医療機器の開発に関する様々なデータの解析にまつわる問題について、インターネットを活用し、統計の専門家と現場の実務家がそれぞれの立場から考えるところを忌憚無く討議しあい、現場に即した解決策を確立すると共に、その結果をフィードバックすることを目的としております。

活動はテーマ別のグループを立ち上げ、その中に具体的な問題についてのワーキングチームを作って、頭を突き合わせて討議していきます。

成果は、定例会で発表して様々な方のご批判を仰ぎ、更には関係する学会誌などに報告すると共に、セミナーや勉強会を開催し、医療関係者にフィードバックしていくことを計画しております。

医薬品等開発の現場で、統計に関する問題を抱えておられる実務家の方、具体的なデータと研究テーマを模索されている統計研究者の方、今までの経験を若手に伝えたいと考えておられる専門家の方、皆様のご参加をお待ち致しております。

会員サービス:会員は以下のサービスを受ける事ができます

定例会資料事前入手、会員向けニュースレター配信、グループメーリングリストへの参加、グループ活動資料の共有、総会資料・会員一覧・決算予算の閲覧、新規テーマの提案とグループの立ち上げ


会員数:  一般会員 90 、 特別会員 1 、 賛助会員(法人) 1 、     計 92      (2018年2月25日 現在)

WHAT'S NEW //

  • 2017年12月05日 「メールマガジン(2017年12月5日)」を発行しました。
  • 2017年11月13日 「第2期医薬安全性研究会ニュースレターNo.50」を発行しました。
  • 2017年10月17日 「メールマガジン(2017年10月17日)」を発行しました。
  • 2017年07月19日 「メールマガジン(2017年7月19日)」を発行しました。
  • 2017年06月06日 「第2期医薬安全性研究会ニュースレターNo.49」を発行しました。
*ニュースレターは会員への連絡メールです。

TOPICS //

第2期医薬安全性研究会 第21回定例会及び第11回総会のご報告new

【アジェンダ】
日時:2017年11月18日(土)10:00-12:00,13:00-17:00
場所:森戸記念館 第2フォーラム, 東京都新宿区神楽坂 4-2-2

13:00-13:30
第11回総会 役員選任,会則改訂承認・運用細則変更点説明,
2016年度事業及び決算報告,2017年度事業計画及び予算承認

13:30-17:00
第21回定例会 「用量反応データのこれからの統計解析」

1.用量反応データに用いるEmaxモデルについて
                     第2期医薬安全性研究会安全性薬理グループ
2.平行線検定(直線及びシグモイド曲線)による効力比較 原田 淳・吉池通晴(第一三共)
3.探索的薬理試験データに対する種々の解析方法の適用と比較   黒須真介(大正製薬)
4.打ち切りデータを含む場合の新しい回帰分析の考え方   高橋行雄(Biostat研究所)

また,同日10:00~12:00には,以下のテーマで基礎セミナーが開催されました.
★じっくり勉強すれば身につく統計入門
 正規分布を仮定した打ち切りデータの回帰分析入門   高橋行雄(Biostat研究所)

第21回定例会は,25名の参加(内,会員19名)の下,活発な討議が行われました.

今回は「用量反応データのこれからの統計解析」と題して,2017年に日本薬理学雑誌で
公開された2つの論文を中心に講演していただき,様々な討論がなされました.
始めに,用量反応データを評価するモデルとして一般的で,2つの論文でも取り上げられて
いるEmaxモデルについて,過去の医薬安全性研究会での発表に基づいたTutorialが
行なわれました.なお,陰性及び陽性対照群を下限値及び上限値のサンプリングデータと
みなし,薬剤投与群データとまとめて各パラメータを推定する方法は,論文(嵜山陽二郎ほか,
日薬理誌,2008;132:199-206)で公開されています.

2つ目の演題は,平行線検定による薬剤間効力比較の事例でした.平行線検定では,2つの薬剤の
複数用量で得られた用量反応データに平行な直線やシグモイド曲線を当てはめ,同一反応に
対する用量の比で薬剤間の効力を比較します.シグモイド曲線の場合は最大薬効が異なる場合の
効力比の定義が問題になることが事例で示されました.また,用量反応関係が薬剤間で平行で
ない場合,用量により効力が異なってしまいます.平行性の判断基準として,米国薬局方の
新ガイダンスで提案されている信頼区間を用いた方法が紹介されました.従来の検定に基づく
判定では,ばらつきが大きいと傾きの差が見られても平行であるとみなされるなどの問題が
ありますが,信頼区間法ではこの問題を解決することが可能です.しかし,新たな方法でも
現時点で生物学的同等性試験のような合意された判定基準が示されておらず,具体例が蓄積
されないと応用は難しいということでした.

3つ目の演題では,探索的薬理試験データに対する種々の解析方法の適用と比較として2つの事例が
取り上げられました.経時的に観察が行われ,観察期間で打ち切りのある発毛試験の事例では,
5段階の発毛スコアの観察データに対して,どのような解析方法を選択すべきか問題になり,
最高スコア到達日をイベントとする生存時間解析など4種類の方法が提示されました.いずれの
方法も全てのデータを活かした解析にはなっておらず,このタイプの試験の標準解析については
更なる検討が必要と考えられました.
培養細胞を用いた反応に上限があるタンパク質産生量測定試験の事例では,単調に増加する
ものの,上の2用量がほぼ同じ産生量を示していました.このデータに対して,用量依存性を
考慮しない群間比較,単調性を仮定した群間比較,Emaxモデル,多項式モデル,対比を
用いた解析方法について解説されました.発表後の質疑応答で,使用にあたっては本試験の
投与量設定のためなど試験目的や示したい結論を明確にし,得られた成績についての薬理学的
妥当性などを考慮して,解析方法を考えることが重要であるとコメントされました.

最後の演題は,前の演題で紹介された発毛試験のデータを用いた正規分布を仮定した打ち切り
データの回帰分析入門でした.このデータは各投与群で正規分布が想定できることから,
各観察値の確率密度関数,打ち切りデータには累積分布関数を当てはめてそれぞれの積を
最大にする平均と標準偏差を推定する最尤法での解析が可能です.その原理がわかりやすく
説明され,JMPの「寿命の二変量」での解析について,操作方法や注意点が具体的に説明されました.

今回は,発表テーマが用量反応データに限定されているといった印象のためか,参加者が
前回より減少しました.実際の発表につきましては,質問や解説もふんだんに行われ,参加
された方にとって有益な内容であったと感じました.第22回定例会は,より魅力的なテーマを
計画いたしますので,是非ご参加いただきますようお願いいたします.

定例会に先だって開催された総会におきまして,会長及び監査役の役員改選,2016年度
事業及び決算報告が行われ,2017年度事業計画及び予算が承認されました.また会則の改訂案が
報告され,承認されました.なお,総会及び決算などの資料につきましては会員ページ内の
アーカイブスにて公開されますので,ご確認ください.

午前中に行われた関連セミナーの「じっくり勉強すれば身につく統計入門」には,28名の参加
(内会員20名)を頂きました.定例会の発表と関連して正規分布を仮定した打ち切りデータの
回帰分析入門と題してExcelを用いた解説が行われました.なお,使用したスライドにつきましては
過去の発表も含めサイエンティスト社のホームページから入手可能ですので,理解を深める
ために活用ください.

第2期医薬安全性研究会 じっくり勉強すれば身につく統計入門

また,定例会後には別会場で懇親会が開催され,今回のテーマを話題に活発な交流を図る事が
できました.定例会では聞けなかった疑問の解決も出来るかもしれませんので是非ふるって
参加していただければと思っております.

今後も,更に魅力ある企画を準備してゆきますので,実務で統計に関する問題に直面して
いたり,疑問をもっておられる方々の定例会への参加を期待しております.

なお,今回の定例会の内容につきましては,会員の方は会員ページのアーカイブスの事前
公開資料で確認することができます.

また,過去の定例会の発表および討議内容などをホームページで公開しており,第1回から
第6回及び第18回定例会以降の分も,ダウンロードできるように作業を進めております.

(2017/12/05更新)

第2期医薬安全性研究会 第17回定例会資料の公開のご案内
 定例会での発表内容につきましては,公開資料を作成し,ホームページにて
ダウンロードできるようすることをお約束しておりました.
新たに第17回定例会分につきまして,以下のとおり公開いたしましたので,
お知らせいたします.
ダウンロードは自由ですので,ご活用ください.

ダウンロード先:第2期医薬安全性研究会ホームページ
 -アーカイブス
  -医薬安全研定例会資料

資料公開ページ

   発表単位でPDFファイルとして登録

内容:一般的な学術文献スタイルに合わせて,表紙に表題,発表者,要約,
キーワード,目次を入れました.
本文は,発表スライドに発表者の解説文を加え,参考資料を追加してあります.

 単なるパワーポイントスライドでは十分に理解できない点について,発表者と
編集担当者で詳細に検討して作成しておりますので,定例会に参加できなかった
方々にとっても理解しやすい資料になっていると思います.
 ご興味をもたれた方だけでなく,会社や研究機関などで仲間とともに勉強する
際の資料としてもご活用いただければ幸いです.
 なお,本資料の著作権は本研究会が保有しております.

著作権ポリシー
(2016/12/01更新)